一週間あった夏休みもものすごい勢いで過ぎていき。
東京に戻る日になりました。
実家で両親と過ごして。
とても楽しかったです。
東京は好きだけど、帰るのやだなーなんて思ったりして。
地元はとても晴れていて、the夏!といった天気でしたが、どうやら東京は雨な模様。
テレビを見た東京のお天気カメラは、今にも降りそうな暗ーい空でした。
こっちはこんなにいい天気なのになぁ。
あんな天気の所に帰るのはやだなー
と思いましたけど。
ま、仕方がないですね。
帰りましょう。

夏休前、週間天気予報は一週間晴れマーク一色でした。
なので、折りたたみ傘は持って帰りませんでした。
晴雨兼用の日傘ならありますけど。
晴雨兼用とはなばかりの、ま、日傘だよね、という傘で。
雨が強いとちっとも役立たない晴雨兼用の日傘です。

週間天気予報が変わったのは、台風の影響なんだそうです。
本格的な台風の影響は、明日の朝らしいのですが、今日の東京は時々強い雨が降ったりやんだりなんだとか。
頼りにならない晴雨兼用の日傘しかないんだから。
お手柔らかに頼むよー
と新幹線の中で念じていましたが、新横浜ではかなり怪しい雲行き。
東京についた頃には、かなりしっかりした雨が降っていました。
あーあ。
降ってるよ・・・
その後地下鉄を乗り継いで最寄り駅についた頃には、小降りだったので助かりました。
面倒くさかったので日傘はささなかったのですが、ちょっと濡れただけで済んで良かったです。
ちょっとしたら、大雨になったので。
ギリギリセーフだったようです。白髪染めシャンプーを選ぶなら

都知事選

大注目だった都知事選が終わって、小池百合子さんが新都知事になりました。
ふむふむ。
良いんじゃないの?
女性都知事で心機一転。
しかも、小池百合子さんは政治のプロ。
タレント政治家は、最初流れがわからなくて少し戸惑っている所があったりするものですが、小池百合子さんの初日はもう堂々としたもの。
これからどうしたらいいか、どうなるのか、というのを心得ている感じ。
安心感がありますね。
私は、政治は政治のプロに任せるのが一番だと思っていました。
少しくらい悪いことしてもいいから、政治的手腕がある人がトップになるほうがいい、とすら思っていました。
いや、悪いことして良いというわけではないんですけどね。
ま、プロはギリギリを攻めてくるでしょうし、上げ足を取られるようなヘマはしないでしょうけど。
グレーな部分があったとしても、しっかり仕事をしてくれる人が良いなー。と思っています。

小池百合子さんは今のところクリーンなイメージですし。
敵もいそうですけど、多くの都民は期待していますし。
選挙期間中の対応を見ていると、大人な対応でしたし。
さすが政治のプロだなーという対応でしたし。
期待できるんじゃないかなーと思っています。
都知事として、是非是非長く頑張ってもらいたいなぁ。

進撃の巨人と阿修羅

相撲が連日、満員御礼だそうです。女性ファンも多いとか。私は、逸ノ城が幕内に上がったとき、たまたまTVを観ていたのが、始まりです。
そのとき、逸ちゃん(私はそう呼びます)は、まだ髪が伸びずに髷も結えなくて、体はメリハリもなく白ハム状態。ボーと立ってるだけなのに、みんな歯がたたない。
しかも勝っても無表情。あ、進撃の巨人だ、と思ったのです。そう、あの解説の北の富士さん(この人、イケメン)が、すごいねー、とため息ついてました。私も同感。
同じころ、遠藤という五月人形みたいな若い力士が出てきて、結構、女性人気が高い。で、へそ曲がりの私は、逸ちゃんを応援するために毎回、観るようになりました。
気が付くと、照ノ富士という力士も登場します。この人が、時間いっぱいになると眉間にしわを寄せて、阿修羅の形相になるのです。そう、興福寺のあの若いきれいな阿修羅像。
で、勝つと破顔一笑、かわいらしい少年になるのです。思えば、この人たちは親元を離れて、大部屋で雑居して、先輩の身の回りの世話や食事の世話などしつつ厳しい稽古をするのです。
ブラックにパワハラが混じったような環境で、精進しているのですね、若いみそらで。と、つい親の気持ちになっちゃいます。それでも、土俵に上がれるのは、一握りという厳しさ。
ついでに、碧山という金髪の力士に、メルヘン王子と命名しました。でも、これはあまりに弱そうなので、今、別のニックネームを考えてます。
逸ちゃんも、阿修羅も五月人形も、メルヘン王子も、上位になって苦しんでます。白鳳を筆頭に、おじさんたちが壁になって立ちはだかります。若者よ、めげるなーー。モデル体重になるには…